相談のための準備

これから実際に弁護士と会って話をしたいと考えているならば、きちんと準備を整えておきましょう。何を準備するべきなのか紹介しましょう。

たとえばさまざまな資料を用意しておきましょう。すでに交通事故の被害にあってしばらく経っているならば、いろいろな書類を所持しているはずです。

また、相手の保険会社から資料を送付してもらうように頼むこともできます。

交通事故証明書や休業損害証明書、診断書、後遺障害診断書などいろいろな書類が存在しています。

また、弁護士に対しては交通事故の具体的な状況や自分の被害などについて正確な情報を提供する必要があります。一体、何を弁護士に伝えたいのか、何を伝えるべきなのかをきちんと書面にまとめておくと良いでしょう。

自分で口頭で伝えるよりもその書面を見せてしまった方が早く理解してもらえます。相談をした結果として、実際にその弁護士に依頼したいと思ったならば、さらに具体的な打ち合わせをすることになります。今後どのようなことを準備するべきなのか聞いておきましょう。

また、期限についても確認しましょう。

できるだけ正確な情報を弁護士に伝えることによって、これからのことについてしっかりと考えてもらうことができます。